気軽に相談できる保険の問題|プロが教えるアナタにぴったりな保険

保険を選ぶ方法

毎月の保険料が高いと感じている方

税金が上がったり、物の値段も少しずつ値上がりしている昨今、保険見直しを検討している方が多いようです。給料が上がっているのは大企業ばかりで、一般市民にはまだまだ不景気の只中という感じではないでしょうか。ただ心配なのは、保険料を減らすと保障の方が手薄になって、いざという時に大変な目にあってしまうのではないかということです。保険見直しをするにあたって、まず考えたいのは優先順位をよく吟味することです。自分にとってあまり役に立ちそうもない契約内容は、保険見直しすることです。さらに、公的保障というものがあるので、いざという時の安心材料にすると良いでしょう。公的保障には、遺族年金、高額療養費制度、傷病手当金等があります。これらの公的保障に加えるかたちで、保険見直ししてみると良いでしょう。

更新時期の保険見直しについて

更新型の保険を契約している方は、更新時期がくると、保険料が高くなるプランを勧められるケースがあるものです。やはり、どんどん年齢が上がるにつれ、病気のリスクが高くなるのは当然です。なので、どうしても保障が手厚いプランになってしまいます。どうしたら保険料を抑えられるでしょうか。例えば、死亡保障は下げられる場合が多いです。年齢が60歳、70歳と高くなれば病気で入院するパーセンテージが上がるのでやはり保険料は上がっていきます。これとは別に、最初から将来の保険料が予想しやすいのが医療保険などで、主契約自体が10年更新型のなどの場合です。このように、更新時期に将来を見据えて、保険見直しを専門家にしてもらうことが大切になってきます。